消える百貨店

昭和の時代は百貨店はお洒落して買い物に行くところで、自分は三越のライオンが見たくて結構通った記憶がある。

百貨店は何でも品揃えをしていたが、近くに例えばカメラの量販店ができると、カメラは全く売れなくなる。これをカテゴリーキラーと言った。今でこそ百貨店で値切るおばちゃんは、大阪にしかいない(失礼)と思うが、今では百貨店もカードを作って割安で販売し対抗している。

ところが、新たな脅威として、ネット通販の時代となってしまった。これにより、地方の百貨店は閉鎖に追い込まれ、都心のそれも売上げが2、3割落ちてしまった。

百貨店の中にユニクロニトリが入り、お洒落して出かけるところではなくなってしまった。日本橋三越、新宿の伊勢丹などは東京都の歴史的建造物にも指定されており、これら本丸だけは永久に残してほしい。

ユキワカ

よければポチお願いします。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村