職業の選び方

今の大卒の人は何社からも内定をもらい、選ぶのに悩んでいるようですが、平成元年から始まったバブル期の入社組と違って、ただ学生数が少ないから企業が欲しがっているだけなのであって、君たちが優秀だからでも、景気が良いわけでもけしてありません。

実際入社後3年以内に辞める人は3割もいるそうで、それでも君たちを欲しがる会社はたくさんあるようです。

自分が入社した(初めは民間に就職しました)頃は、年功序列が当たり前で、就社というか、一生そこで勤め上げるという価値観がまだありました。

でも、自分のやりたい事なんて普通なかなかわかりませんよね。だから高校や大学を卒業したら一年位何処かで働かせてもらうとか放浪の旅に出て、やりたいことを見つけるのがいいんじゃないかな。また勉強や研究がしたくなったら大学に入り直して、その後、就職も大学院もありというのが自分の考えです。

やりたい事が最初から決まっている人は強いです。(建築学科は多いです)ただ、入ってみたらやっぱり違ってたとか、こいつにはどうあがいても敵わないとかで、方向を変えるのもありです。

ただし、いつまでも自分探しして、無駄に時間を消費するのだけは注意してください。そうこうしている間に引きこもってしまったら、再び社会に出て行くのが難しくなりますから。

ユキワカ

よければポチお願いします。励みになります。

↓             ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村