バラエティで終わってしまった国会中継

国会審議がある意味面白おかしい。昼間家にいる時は国会中継を見ることも多い。

数の力で驕る自民党、働かせ改革法案が終わったら、今度はカジノ法案と参議院定数6増案、米ポチの安倍さんはやりたい放題。

野党が追求してきたモリカケ、これしかやらないと言って批判するコメンテーターも多いけど、国会審議に偽の資料を出すってどうなの?安倍さんを官僚が忖度しただけで、別に指示したわけではないと言うけれど、そんな官僚にしたのは誰のせい。ほとんど黒に近いグレーだけど、地検にまで影響力を及ぼして何とか逃げ切る安倍さん。加計孝太郎氏の世間を舐めきった記者会見。

 ムカつくことばかりだけど、笑えることも多い。籠池おっさん夫婦のキャラクター。メロリンキューの山本太郎のボケと突っ込み、東京新聞のイソコ記者と菅官房長官のバトル。国会中継がある意味ショーになって面白いのはいいけれど、「こんな人達」のために税金が使われているのかと思うと情けない。(すみません今は無職なのでほとんど税金を払っていません。)

世論調査では政治に無関心な人が半分以上、日本人は海外みたいな大規模なデモをしないよね。このまま行くと日本は沈没するよ。

党首討論を2週間に一度にしたり、国会中継を夜にしようとか、支持政党無しの人達になんとか関心を持ってもらえるような案が考えられているようだけど、抵抗勢力がどうせ実現を拒むことでしょう。

結論。日本を超格差社会に導き、弱者切り捨てをする安倍政権は「早く退陣しろ!」

政治色を出してすみません。なにせ躁の時、選挙に出ようと思ったことがあるもので。

ユキワカ

よければポチお願いします。励みになります。

↓             ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村