弱い横綱はいらない

稀勢の里のことを言っているのではない。元日馬富士鶴竜のことだ。

稀勢の里白鵬の連勝記録を何度も止め、それなりの力は持っていた。日馬富士が余計なことをしてくれた。相手に怪我を負わすほど勝ちきるのは横綱相撲ではない。日馬富士は弱いが故に、稀勢の里に怪我を負わせるまで追い詰める相撲をとった。

鶴竜横綱の中で一番勝率が低い。連続優勝したから横綱にしたが、力は大関レベルだ。

せっかく相撲人気が戻ってきたが、また白鵬の一人勝ちが続きそうな雰囲気である。(白鵬も年のせいか最近は休場が多い)

また、相撲界を離れた貴乃花親方がおそらく言いたかったモンゴル力士同士の八百長問題。白鵬が本気を出していたら、日馬富士鶴竜横綱になっていなかっただろう。

横綱が全休で、大関もバタバタと倒されて、平幕が優勝するのも面白いが、相撲人気を落とさないためにも、各力士とも全力で精進して白鵬の弱点を研究してもらいたい。

あとはNHKには、なるべく北の富士親方の解説を増やして、お茶の間に笑いを届けてもらいたい。

ユキワカ

よければポチお願いします。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村