(怒)また国が年金の支給額を誤魔化し

2日、厚生労働省は、モデルの年金を公表した。夫婦二人、奥さんが専業主婦、平均手取り収入が348,000円(ボーナス込み)として、70歳まで働き70歳から年金を受け取ると標準で331,000円、60歳で仕事を辞め65歳から受け取ると218,000円というものだ。

10万円以上も上がるのだから、働けるまで働いて受け取りは70歳からにしようよ、というメッセージなのだろう。

これについては、社会保障審議会年金部会が、7割以上の女性が就業し、65歳以上の単身世帯も女性の方が多く、現状が反映されていないとし、今後厚生労働省は再検討するとした。

国は何とか数字で誤魔化し、年金制度の延命を図っている。人生100年時代とは言うが、誰がいつ亡くなるかもわからない中で、年金受給開始を70歳にするものか。

現在の制度でも60歳の繰り上げ受給で65歳の70%、70歳の繰り下げ受給で142%という制度になっているが、現状、60歳からもらう人が34%、65歳からもらう人が65%、70歳に繰り下げる人は1%である。

それはそうだ。60歳で70%をもらう場合と65歳で100%をもらう場合、単純計算で金額が逆転するのが77歳である。しかも、早くもらう分上手く運用できれば、80歳位で逆転するのではないかと思う。80歳と言えば、ほぼ男性の寿命に近い。だから60歳以降働かないのであれば、現行制度でも60歳から年金を受給することをお勧めする。(初めてFPみたいなことを言った)

年金制度は破綻している。国はそれをどのように誤魔化し延命を図るか、そして70歳受給開始として、65歳が繰り上げ受給、75歳が繰り下げ受給とする案を考えているのだろう。

年金はセーフティネットである。もうそのセーフティネット生活保護セーフティネットより下側に張られてしまっている。

ユキワカ

よければポチお願いします。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村