全日本女子バレー

自分が一番好きなスポーツの一つがバレーボールである。ただ、自分は170cmしかないので、男子のネットの高さ243cmではアタックが打てない。(高校生の時はAクイックであればそれでも打てた)

世界女子バレーは昨日1位通過は逃したものの3次リーグに進むことができた。

自分が高校生の時、今の中田監督が15歳で全日本入りをした。ワールドカップでは、日立やユニチカの選手が殆どを占めた。自分は練習の時のように拾いまくるユニチカの広瀬美代子の大ファンだった。

当時はサーブ権がないと得点が入らず、試合時間が長かった。背の低い選手が活躍するリベロもなかった。

今の試合を見ても、日本が勝つパターンはサーブレシーブを確実にセッターに返せる時であり、ラリーの時にリベロが縦横無尽にレシーブで拾いまくる時である。平均身長が海外の選手より10cm程低いハンデを克服するにはそれしかない。

ブロックの上から打たれるアタックはサッサと諦め、とにかく拾えるものは拾う。そして相手のサーブレシーブをサーブで崩していくのが日本の勝利の方程式である。

またバレーボールの面白いところは、長いラリーを制した後に流れが一気に変わったりするところである。昨日もブラジル戦でストレート勝ち出来そうだったが、9連続得点で流れを渡してしまい、結果負けてしまった。

それに比べて男子バレーは世界から取り残されてしまった。男子のジャンピングサーブはスパイクの速さとあまり変わらず、なんか見ていても面白みにかける。猫田が天上サーブをしていた頃が懐かしい。

ユキワカ

よければポチお願いします。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村