彼岸

彼岸とは、目指す理想の境地、煩悩の激流ないし海(此岸)から、修行によってそれを渡りきった向こう岸、つまり輪廻を超えた涅槃の境地のことである。

日本では習慣として、3月の春分と9月の秋分にそれぞれ7日間行われる彼岸会のことを指す。

この時期、墓苑の8割以上は暮石の前に花が飾られているのを見ると、熱心な信仰心を持たない日本人でも、先祖を大切に思う心は失っていないようだ。

この習慣が失われるようであれば、もう日本は仏教国とは言えないが、仏教の中身も知らずにただ習慣に従っているだけで、仏教国というのは恥ずかしいことだと思う。

ユキワカ  

よければポチお願いします。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村