東京のオフィスビルで誰が働くの?

オフィスビルはもういらない。

2020のオリンピックに向け、東京では建設ラッシュが続いている。何が復興五輪だ。はっきり言って復興の邪魔をしている。

オリンピックが終わっても東京の建設ラッシュが止まらない。渋谷、六本木、品川、臨海部などいわゆる特区の区域での開発のボリュームが凄い。

最近の開発は複合化している、単体の用途では魅力が少ないのだろう。ホテルは外国の旅行者が増えてまだ需要がある。しかし、オフィスは果たして必要だろうか。生産年齢人口は減少する。テレワークは増える。古い設備の中小のオフィスビルが淘汰されるのかもしれないが、設備さえリニューアルすれば小口の需要は増えるかもしれない。

しかし、大規模なオフィスビルで働く未来が描けるであろうか。現在は東京のオフィスの空室率は2%台で、賃料も平均で坪2万円というから不思議だ。しかし今後は、おそらく賃料を下げて、テナントの奪い合いになるのだと思う。

電気の消えた真っ暗な夜景。そんなオフィスビルはもういらない。東北に建設作業員を回して欲しい。

ユキワカ

よければポチお願いします。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村