その後の海外旅行

大学時代は一度も海外に行かなかった。若い頃の感性で外国の文化に触れる意義は大きく、何故アルバイトしてでも行かなかったのかと後悔している。

(その代わり大学時代に同じ山小屋に100泊くらいした。登山が好きだったわけではなく、ただ山小屋が好きだった。)

就職して2年目、2回目の海外旅行はカナダのウィスラー、冬にスキーに行く人は多いが、6月に行く日本人は珍しい。ヒッチハイクもかなりやった。今思うと怖ろしい。

ヨーロッパには2回行った。一応建築屋なので、街並みを沢山写真におさめた。その他南の島を含めて10回位海外に行っただろうか。

今思うと、若いうちに、発病する前にもっと海外に行けば良かった。同じリズムを刻まないといけないこの病気に、時差はきつい。弾丸ツアーなどもっての他だ。

今、下の姪がイギリス🇬🇧に2年間遊学している。英語を学ぶだけ!、だったら日本の駅前留学しろよと言いたかったが、自分で稼いだお金だし、まあいいか。

海外にしろ国内にしろ旅行に行く元気が年齢を増すとともにだんだんなくなってくる。これからはゆったりとした大人の旅を楽しみたい。

そうそう、うつで休職中に海外に行くのは好ましくありません。バレないように極秘で行きましょう。

ユキワカ

よければポチお願いします。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村