やむおえず引きこもっている方に

引きこもりの人が多いことが社会問題になりつつあります。自己肯定感が低く、人間関係で傷つきやすい人達。社会に居場所を見つけられない人達。

自分も引きこもっていたことがあります。会社を休んでいるので、昼間の居場所も無いし、外に出ると近所の人の目が気になるし。一人暮らしだと喋る相手もいないし、食べ物はだんだん底をついていくし。うつがかえって酷くなることは分かっちゃいるけど出られない。でも自分の行動を変えないと何にも変わらない。重い腰をあげて外に飛び出し、兎に角歩きました。右左右左と数えながら何も考えないようにして。

家に帰って汗をシャワー🚿で流してさっぱりしたら、部屋を片付ける気になって、今度は掃除機をかける気が起きてきて、部屋が綺麗になったら、うつのことを少しだけ忘れることが出来ました。

うつの酷い時は、もがかずにやり過ごすしかないかな。最初は病院のデイケアという居場所を見つけました。そこにいる臨床心理士さんを捕まえて、苦しさを吐かせてもらう。そんなことを繰り返していくうちに、少しずつうつ感が抜けていき、次のステップとしての今の就労移行支援事業所にたどり着きました。

辛い時に引きこもるのはやめようとは言いません。ただ、一歩を踏み出す(行動に移す)ことによってなにかが変わるかもしれない。何も変わらないかもしれないけれど、それでも引きこもりを続けますか。同じ悩みを持つ人から自助会に参加しないと声をかけられるかもしれない。変わりたいなら勇気を出して初めの一歩を。

(災害に見舞われたら引きこもっていらんないよ)

ユキワカ

よければポチをお願いします。励みになります。

↓             ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村